当院の外来には,片頭痛の方が多くいらっしゃいます.

 

 

そこで,本日は片頭痛薬についてのお話をしたいと思います.

 

 

片頭痛薬の中で最も処方頻度の高い薬剤は何か?

 

 

 

「最も多く処方する片頭痛薬は何か?」という処方医を対象にしたアンケートの調査結果が,日経メディカル Onlineに載っていました.

 

 

その結果は・・・,

 

 

第1位はスマトリプタン(商品名:イミグラン他)

 

                                                                           (出典:日経メディカルOnline)

 

 

第2位がゾルミトリプタンゾーミッグ他)で,第3位がナラトリプタンアマージ)でした.

 

引き続いて第4位がエレトリプタン(レルパックス他),第5位はリザトリプタン(マクサルト他).

 

 

 

 

 

結果が示しますように,スマトリプタン(イミグラン他)の処方が多いようです.

 

第1位の理由としてはエビデンスのある薬剤であること,内服剤だけでなく点鼻薬や注射剤があるので吐き気のある方にも使用できること,などが挙げられています.

 

 

 

第2位のゾルミトリプタン(ゾーミッグ他)を処方する理由としては,重篤な副作用が少ないことや口腔内崩壊錠がありタイミング良く内服できることなどがあるようです.

また効果出現も早い印象があり,オレンジ味で服用しやすいことも理由のようです.

 

 

第3位のナラトリプタン(アマージ)を処方する理由として,女性で月経周期と関連のある場合などに有効で効果持続時間も長いことが挙げられています.

 

 

 

 

当院でも頭痛患者さんの診察を通して,上記の片頭痛薬の中から最適な薬剤を選ぶように心がけております.