遺伝的リスクを知り認知症を予防する.

 

ApoE遺伝子とアルツハイマー型認知症


現代の日本において認知症の過半を占めるのが,アルツハイマー型認知症です.

 

アルツハイマー型認知症はアミロイドベータペプチドという老廃物が,

脳内に溜まることで神経細胞がダメージを受けることで発症します.

 

このアミロイドベータペプチドの蓄積に大きく関わっているとされているのがApoE遺伝子のタイプです.

 

遺伝子のタイプはε(イプシロン)2、ε3、ε4が2つ一組で6パターンの遺伝子型があって,

この検査ではどのタイプの遺伝子を有しているかを判定します.

 

ApoE遺伝子認知症リスク検査とは?

 

ApoE(アポイー)認知症リスク検査では,

アルツハイマー病と密接な関係性があると言われるApoE遺伝子を測定します.

 

特定の遺伝子タイプのε(イプシロン)4を持っている方は,

アルツハイマー病の発症リスクが3~12倍高くなると言われています.

 

 

 

ApoE遺伝子タイプは,血液検査で簡単に調べることが可能です.

 

詳しくは当院スタッフにお気軽におたずね下さい.